読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8mgの小説ブログ

WEB小説(ちょっと挿絵)のブログです。ブログ形式だと順番的に少し読みにくいかもですが、一章ごとに完成したら、別サイトにアップしたいと考えています。※このサイトはリンクフリーです。

WEB小説『拡張された世界』更新中:バッドエンド後の未来を舞台とした主人公♂とそのアシストロボット♀とのイチャラブSF小説ですm(_ _)m

WEB小説 拡張された世界 〜キャラ紹介05〜

対犯罪者用戦闘重兵器車両EMZ-03 (エムズ)

イメージ図(こんな感じ)

f:id:home8mg:20170113165142j:plain

【オーグセキュリティE 03部所有】

※物語の進行により追加予定です

WEB小説 拡張された世界 〜第一章07〜

エムズ(対犯罪者用戦闘重兵器車両EMZ-03)のメインコアコンピュータを作り直すために、俺はコクピットのシートに座りなら、プログラムを打ち込んでいる。

「マスター、失礼します。」
と言いながら、アリスは割り込むように俺の膝の上にちょこんと座ってくる・・・

「アリス、何やってんの??邪魔なんだけど・・・!?」 
「いえっ、マスターのお手伝いをしようと思いまして・・・!」 
 「手伝うどころか、お前の頭が邪魔でモニタが見えないし、動きづらいし・・・てか、何で俺の膝に座ってんの!?」
「マスターが喜ぶと思って・・・」
 「そんな事では喜ばないし(ちょっと嬉しいけど)作業効率ダウンだから、座席の後ろでデータ構築処理してもらえるかなぁーーー!!??」
「だって、こうしてマスターと一緒に現場で作業出来るのが3ヶ月ぶりなので・・・もっとマスターの近くに居たいんです!」 
「アリス・・・」

「マスターが私を見てムラムラして、心拍数を上昇させるようにする事が、今私にとって一番重要なミッションです。」
「アリスちゃん、そんなミッション一言も命令した覚えはないよ!どこからの命令かな!!??」

「 ヒ ミ ツ で す ♡ 」

「 立 ち 去 れ ぃ っ ! ! 」

膝の上に座るアリスを追い出そうと揉み合いになっている所・・・
 

「お熱い所、申し訳ないけど、ちゃんと仕事してくれよ、修理屋!」

「違うんです、ブライアさん!これは、こいつが・・・って、俺はそんな趣味はないです!!」


マスターは年齢で言うと、約14歳〜47歳ととても守備範囲の広い女性の嗜好・・・
「いいから、お前は黙ってろ!!」

アリスを追い出して、ブライアさんにコクピットに座ってもらい、進行状況を確認頂く事にした。

「まだ、右腕部分しか構築出来ていませんが、反応誤差が0.8%減少させられました。」

「ん〜、まだ何とも言えないけど、ガトリンクを使えば実感できそうだな。」

「まあ、こんな感じで改修していきますので、もう少し待っていて下さい!」

「ああ、期待してるからな、修理屋!」

ブライア・イグニスのおやっさんは、気さくで頼りがいのあるオーグセキュリティの捜査官だ。経験も豊富で、このオーグセキュリティに務める若手職員の相談相手にもなっており、03部以外の部に所属する職員とのパイプ役もこなしているらしい。おやっさんが晶子をサポートしてくれているからこそ、オーグセキュリティE-03部はこれまで数々の事件を解決して成果を挙げ続けていられる。



「晶子は相変わらずそうですね?」

「ああ、俺達オーグセキュリティのアイドル…笠原晶子課長は常に事件と向き合い、常に事件解決に向けて全力を注ぐ・・・そんな俺達職員の理想を体現したようなヒロインだよ。」

「晶子が・・・ヒロインですか・・・ここは相当な人材不足ですね。」


「いやいや、そんな事はないよ!笠原課長の親父さんは、オーグセキュリティB長官ってこともあるけど、事件現場の前線で指揮する課長の勇姿は絶対に惚れるぜ!」

「そんな、長官の娘がなんでキャリアの道を踏まずに、全身擬態化電脳化してまで最前線に立つんでしょうね??」

晶子は、この世界・・・人間社会の治安を脅かす事件に対して、恐ろしい程の執着心を持っている。それに気づいたのは、俺が地球に落ちて来て、病院を退院した後の事だった。俺が入院している時、何度も訪ねてくれた彼女だが、彼女の思想は大学時代と比べると大きく変わったように思う。
一つの漏れも出さないように犯罪者を徹底的に探す・・・そして、潰す・・・そんな感じだった。
なぜ、そこまで執着できるのかについて、聞こうかと思った事もあったが聞けなかった。何かパンドラの箱を開けてしまうような気がしたからだ。


・・・その時だった・・・

 


ブワァーンッッッ!!ブワァーンッッッ!!ブワァーンッッッ!!ブワァーンッッッ!!



緊急警報がフロアに響き渡る・・・続いてアナウンスが鳴り響く・・・


『 事件発生・・・事件発生・・・情報局から入電。エリア07-17から07-16エリアへのナンバーズライン上で鉄道車両1両が暴走。原因は現在解析中・・・。 』


ナンバーズラインというのは、人間の居住区を繋ぐパイプラインで、その上を旧時代の産物とも言えるレール式の鉄道が走り、人々の移動手段となっている。この世界のインフラ環境は、空輸は極力制限され、レール式の鉄道や幹線道路が主流となっている。それが、リアースが決めたこの世界の方針だ。

その鉄道路線上で列車が暴走しているらしい。

 

「修理屋、ちょっとすまんな!」
ブライアさんは飛び出すようにブリーフィングルームへと向かった。事件が起きると捜査官達はまず先にブリーフィングルームに集まるのがルールのようだ。


「マスター!!」
「うん、俺達も”ちら〜っと”見に行こうか!!」
「はい、マスター!!」

俺達もブリーフィングルームへと向かった。

WEB小説 拡張された世界 〜第一章06〜

どこから手をつけようか・・・

まずはこのエムズ(対犯罪者用戦闘重兵器車両EMZ-03)の現状スペック解析から始める事にした・・・ 

 
「マスター!解析を始めます。約2分程お待ち下さい。」
アリスの左耳に付いている差し込み口とエムズの内部コンピュータとをケーブルを使って有線回線で繋げる。情報解析能力にも長けたアリスにとっては、どんな機械でも診断する事は可能だ。

アリスが診断している間…笠原晶子やブライアさんにエムズに何が足らないのかを聞くと、揃って操作性について問題を指摘した。
 
「エムズの操作系統は何回も改修してるのよ!でも、搭乗するとなぜか思うようにいかないの!」
 
「それはパイロットの力量不足なのでは?」

「悟!後でエムズの戦闘シュミレーターで模擬戦してみよっか!?」
 
「いっ、いえ!丁重にお断りさせて頂きます、はい。」

素人の俺相手に笠原晶子は大人げなく本気で突っ込んでくる未来が見える・・・彼女は負けず嫌いの化身だ。


「マスター、解析終わりました。結果を報告します。」
そう言いながら、アリスは丁寧にもコクピットモニターに解析結果を映し出してくれる。

・・・0と1の羅列がモニタ画面ぎっしりに埋め尽くされている・・・

「何が書いてあるかさっぱりわからない。言語プログラムで変換してもらえる?」 

「いやっ、大丈夫。大体何が問題なのかは解ったよ。つまり、あれだ!
このエムズは、上半身と下半身にそれぞれ制御コンピュータが備えられていて、その2台のコンピュータを繋いでいるのが、識別AIを搭載したメインコアコンピュータだ。
でも、そのメインコンピュータは、一世代前のコアを使用しているため、情報処理部分でズレが生じ、それが操作性の違和感に繋がっている…という分析結果だ!」

「つまりは、最新型のコアに置き換えると解消するって事!?」

「そういう事!!だけどこのエムズタイプのコアコンピュータを手に入れるのはおそらく難しいと思う・・・。」
 
 

「どういうこと?」

「エムズの最新機種EMZ-00Fのメインコンピュータも、こいつと同じ古い世代のタイプだからだ。つまりは、古い世代のコンピュータで頑張って戦えよ!って事。エムズの次世代タイプのコアコンピュータを搭載しているのは、月面作業用ロボットLAMくらいしかないと思うから、そのコアが回ってくるのは・・・到底無理!」

「なんなのよ、それ!」

「こいつの性能をフルに発揮させたら、お前らオーグセキュリティが何かよからぬ事を考えるのでは?・・・と思ってるんじゃない!?」

「・・・・・・・・・・・・・」

笠原晶子は口には出さなかったが、かなりの怒りを感じている様子だった。
もちろん、その矛先はこの世界を統治・管理するコンピュータ『リアース』にだ。
この世界に住む人間達はリアースの統治の元で生きている。リアースは言わば、この世界の神的存在であり、その神から与えられた物や環境の中で人間は生きている。

その神は、人間達の世界を人間達の手で円滑に回すために、ある一定の武器を与えた。
でも、それはある一定のみで、それ以上を望む事は許されないのがこの世界の理なのである。

「私達にどうしろと言うのよ!」
震える声の笠原晶子に、俺は声を掛ける。

「大丈夫だ。晶子!!」
「そうです。マスターが今からコンピュータを作り直してくれるので、大丈夫です!!ねっ?マスター?」
「お前が言うか、アリス!?」
晶子の悲痛な想いは理解しているつもりだ。リアースから与えられた最低限の武器装備で最大限の効果を発揮させながら、この世界の治安を維持している。
もし、オーグセキュリティだけで手に負えない事態が起こった場合・・・いよいよ、リアースが動き出す事になるのだ。そう言った事件が発生した例は少なからず存在する。
 

地球上のあるエリアで、多発テロが起こり、暴動が発生した。そのエリアのオーグセキュリティでは収拾がつかなくり・・・その結果、リアースはある行動に出た。

・・・エリア全域を封鎖し、そのエリアの物・生物全てを消失させたのだ・・・

人間や動植物を含めた全ての物を消失させた。その方法については公開されていないが、この事件について、深く追及する事もタブーとされている。
そんな神の存在がある中で、晶子達オーグセキュリティは、この世界・人間社会の治安を維持していかなければならず、その苦労は容易に想像できる。だからこそ、俺はそんな中で戦う晶子に手をかさざる負えないのだ。

「それに、アリスが解析してくれた報告画面の後半部分にはな・・・”このY系回路をX系回路に繋げたらいいんじゃないかな~”とか”このプログラムを書き換えてほしいな~”とか色々書いてあるんだよ!頼んでないのに・・・」
アリスの分析報告欄には、現状の結果だけでなく、問題解決する為の、説明方法まで詳細に報告してくれていた。

「アリスちゃん!!」

「べっ、別にあなたのために解析サポートしたんじゃないんだからね!勘違いしないでよね!」

「アリス、お前・・・それどこで覚えた!?」

「べっ、別にあなたに答える必要なんてないんだから!ユーザーが集まるアリスサーバーで覚えただけよ!」

「とりあえず、アリス!お前のそのふざけたツンデレプログラムデータを後で消去してやるからな!」

「晶子様、助けてください!マスターが私の中を覗こうとして・・・痴漢してくるんです!!それも毎日・・・!!」

「大丈夫よ!アリスちゃん!悟の逮捕状はいつでも用意してあるから!!」

いつの間にか、このアリスの電脳AIはどんどんと進化しているように思う。これが永森博士が俺に託した夢なのか・・・末恐ろしい、その片鱗を見た。


「まあ、現状のコンピュータプログラムをベースにつくり直す訳だから、そんなには時間は掛からない、今日中には出来ると思うよ!」

「ありがとう!悟!」
 
晶子の心の中のモヤモヤが少し和らいだろうか・・・?
少しの笑顔も見せながら、晶子は俺達に現場を託して立ち去る。アリスの分析結果をデータベース上に残すそうだ。
 
「じゃあ、始めるか、アリス!」

「はい、マスター!」

WEB小説 拡張された世界 〜キャラ紹介04〜

ブライア・イグニス 54歳

 

f:id:home8mg:20170113165200j:plain




【リアース 07-17エリア在住】
職業:オーグセキュリティE 03部所属
経歴:元05-21エリア私設警備団所属

[※物語の進行によって、追加・修正する予定です]

WEB小説 拡張された世界 〜第一章05〜

 「こんにちは。こうして直に会うのは初めてだね、アリスちゃん!」

「はい、笠原様。こちらこそよろしくお願いします。」 

 「晶子でいいわよ。いつも、ありがとね!」

「はい、晶子様!!」 


俺を無視してアリスと笠原晶子は会話を始める・・・彼女とアリスとは、よく連絡を取り合っているような話し振り。



「おいっ、アリス!お前と晶子って・・・」 
「はい、晶子様とは仕事依頼のやり取りだけではなく、よくスカイコールを通じて近況を報告させて頂いています。」
 「近況って、まさか・・・!?」

「もちろん、マスターの近況です!」
・・・アリスは何かとんでもない事を口にしたような気がする・・・

「おいっ!!何でもかんでも好き勝手に話してないだろうな!!??」

「大丈夫です!マスターは何を食べたとか・・・私を食べてくれないとか・・・もうちょっとで食べてくれそうとか・・・そんな話です!!」

「ひっ、ひぃぃぃっっっっ!!」

・・・アリスは、完全にアウトな事、アウトな情報を喋ってる・・・もう、俺は笠原晶子の顔を見て会話できそうにない・・・

 

f:id:home8mg:20170115182030j:plain

「大丈夫よ、悟・・・!話は色々と聞いてるから!!今どんな女性が好みなのか・・・とか・・・その歪んだ性癖の事をたっぷりとね!!」

そう言う笠原晶子は、笑顔をこちらに向けてくれているが、完全に殺しに掛かってくる微笑みだった。

 

「マスターは下は14歳・・・上は47歳と・・・とても守備範囲の広い女性嗜好年齢をお持ちです(キリッ)!!そんなマスターにとって今一番HOTな女性は・・・」
「アリスちゃん、、、頼むから余計な事言わないでねッ!!」

 

 

 

前方からの冷ややかな視線が厳しいが、俺は本題を切り出す。

 

「今日呼ばれたのって、修理の仕事だよな!?それとも・・・」

「付いて来て!」

 

俺とアリスは笠原晶子に案内され、このオーグセキュリティE-03部所有の戦闘車両ゴックとやってきた。重兵器・戦闘車両等がフロア一帯に並んでいる。



「よっ!!修理屋っ!!」

「ブライアさん!!」

ドッグへやって来た俺に話掛けてきた人物は、このオーグセキュリティE-03部職員で強硬犯係のブライヤ・イグニスさん・・・気さくだけど頼りがいのある、渋くていい感じのおやっさんだ。


「修理屋は、いつになったら擬態化するんだよ!?」

「いや、今の所予定はありませんよ!」

「擬態はいいぞ!斬られても、弾丸や砲弾喰らっても死なないからな!」

「いやいや、そんな状況滅多にないですから!まあ、昔…死にかけた事は色々ありましたけど、やっぱり擬態化はしません!」


このオーグセキュリティE-03部の職員の殆どは、擬態化や電脳化している。もちろん、笠原晶子もブライヤのおやっさんも擬態化&電脳化のフルモデルだ。
生身の肉体を捨てて、危険に立ち向かおうとするその精神には頭が下がるばかりだが、この世界では、オーグセキュリティのような警察機構の人間や傭兵など危険を伴う仕事につく者は、自身の体を擬態化させる傾向がある。また、怪我や病などで身体機能を失った者も擬態化により再び健常者として復帰できる事や、この世界で擬態化や電脳化は決して珍しい事ではなく、ごく一般的な選択肢の一つだ。
一方、俺のように擬態化・電脳化しない人間も数多くいる事も事実ではあるが、世界規模の流行病(パンデミック)等が発生した際には擬態化が一気に進む傾向がある。


ブライヤさんも加わってドックの奥に足を進める・・・



「今日の依頼はこれよ!」

「EMZ…」

「そう、対犯罪者用戦闘重兵器車両EMZ-03、通称エムズよ!」


二手四足型の戦闘装甲車エムズ。一人乗りの戦闘車両であるが、コクピット空間は広めで、内部に武器を積んで戦地まで強襲を掛ける為の安定性・汎用性に特化したロボットと言える。俺は以前、NAGAMORI研究所でこういった類いの戦闘車両と毎日にらめっこしていた思い出がある。



「で、どの辺りを修理すればいいんだ?」


「もちろん!情報処理能力のスペック向上にエンジンブースターの効率化をお願いするわ!」


「”修理”・・・ですよね??」


「んっ?何か問題でも?それとも逮捕されたいの?」



あまりに横暴・・・わかってはいたが、笠原晶子の俺に対する態度は常に高圧的である。修理という名の改修が目的である。


「まあまあ、修理屋!!曲げて頼むよ!!こいつを運転したパイロットは皆反応の鈍さに乗るのを嫌がるんだ!!まあ、それ込みで俺は好きだけどな!!」
俺の気持ちを察してか、ブライヤさんがフォローを入れてくれる。



「私達は今、ある武器・装備で、ギリギリにやってるけど、いつもホントにギリギリなの!一歩間違えば全滅もありうる…そんな状態なの!!でも、上に掛け合っても現状維持ばかり・・・私は職員の命を預かっている立場だから、なりふり構わず出来る事をする!だから、悟、お願いします!!」
そう言う笠原晶子…彼女の目は真剣で、執念にも似た嘆願をされたら、俺は断る事は出来ない。


「わかってるよ!だから今日はこいつを連れて来たんだ!」

「アリスちゃん?」

「こいつは優秀だからな!俺達にお任せ下さい、晶子様!でも報酬はちゃんとたんまり頂くからな!!」

「もちろん!ありがとう、お願いね、悟、アリスちゃん!」 


こうして、俺は対犯罪者用戦闘重兵器車両EMZ-03の改修に取りかかる事になった。

 

WEB小説 拡張された世界 〜キャラ紹介03〜

笠原晶子(かさはら あきこ)32歳

 

f:id:home8mg:20170113165157j:plain





【リアース 07-17エリア在住】
職業:オーグセキュリティE 03部所属
経歴:フラフス工科大学卒

[※物語の進行によって、追加・修正する予定です]

WEB小説 拡張された世界 〜第一章04〜

「着いたな!」

「着きましたね!マスター!」
 
眼前に広がるのは、オーグセキュリティE…この世界の警察機関のひとつだ。
地球上07-17エリアを統轄する警察機関だけあって、建物の規模はとてつもなく大きい。統括する部の種類も多岐に分類化され、犯罪者の拘留施設も内部には存在するこのオーグセキュリティEは、地上30階 地下20階・・・まるで都市のような大規模施設となっていた。
 
「広いな!」
「広いですね!マスター!」

オーグセキュリティEの内部は吹き抜け構造になっている。そして、その巨大な吹き抜け空間の中心部には、大きな球体型の建物が威圧感を放っており、中枢機関とコアシステムコンピュータ、制御フロア等が位置している。
 
「アリス、お前がここに来るのは初めてだったよな?」
「はい、マスター!私の本体がここオーグセキュリティEに入るのは初めてです!
・・・ですが、ここの交通情報統治データベースがかなり使いやすく、よくナノマシーンを侵入させデータベースから情報を頂いています(^_^キリッ!」
 
とりあえず、今の話は聞かなかった事にしようと俺は決めた・・・にしても、オーグセキュリティ・・・警察機関が、この少女ロボットの手先に度々侵入を許してザル警備なの?”セキュリティ”って名乗ってもいいの・・・?
 
俺は何も知らなかったんだ、俺には関係ない話だ、でも捕まるのは・・・俺だ!
 
「アリス…」
「はい、どうしましたかマスター??」
「とりあえず、ナノマシーンを侵入させるのは禁止!後、他にも公共施設への侵入は、仮にどうしても必要な時はまず俺に相談しないさい!後、絶対に捕まらない、足跡を残さないように!」
「了解です!マスター!」 
 
 
球体型の建物の四方を50階建のビルが覆う構造のオーグセキュリティE・・・その東の外れに今回の依頼者、大学時代の同級生…笠原晶子が務める03部が存在する。
 
03部は主に電子系の事件対策を担うカテゴリーに位置する。強行犯係のような危険な任務も多いらしく、現在支給されている武器・装備では心もとないと言うのが実情らしい。また、装備品の向上申請を出しても認可されないのが殆どで、その背景には人間に高性能の武器を持たせないようにするこの世界を統轄するコンピュータ『リアース』の意向が働いているそうだ。
 
「だから、私達は今ある装備で何とかしなくちゃいけないの!!私達がどれだけ大変なのか、わかるでしょっ、悟!!」
 
長い審査の後に03部へ入った俺とアリスの元に、入館一番話し掛けてきたのは、オーグセキュリティE-03部の捜査官主任課長を務める笠原晶子だった。